サイトメニュー

医療施設で治したいなら

ハート

通院する施設を考える

精神病にかかったことがない方は、もっとも有名なうつ病くらいしかしらない状況もあるはずです。しかし、実際はたくさんの種類があって、それぞれの特徴はまったく違い、治すための方法も異なります。例えば、うつ病や統合失調症は、脳に何らかの不具合があって起きる病気です。決して気分の問題ではなく、脳の伝達物質などに原因があるため、症状が重いときは処方薬を使って治療する必要があります。そして、ストレスや間違った考え方が原因で発症してしまうパニック障害や拒食症は、脳の病気というよりも、心の問題が強く作用しているといえます。そのため、処方薬での治療に加えて、ストレスの緩和や考え方の修正をしながら治療をしていきます。そして、タバコやアルコールやギャンブルなどをやめたくても、自分の意思ではやめられないのも精神病です。依存症には数多くの種類があり、治療が簡単なものから難しいものまであるため、治したいのならドクターの指示に従うようにしましょう。もしも、自分が精神病だと感じているのなら、悪化する可能性があるため、自己流で解決しようとしてはいけません。自分でも問題があるのがハッキリ分かるほどの症状があるのなら、それなりに病気が進んでいるはずなので、医療機関に訪れて診断してもらいましょう。市販薬でも心が軽くなると宣伝されている製品がありますが、精神病と診断されるほどの重い状況にはあまり効果がありません。医療機関で診断を受ければ、強い作用のある薬を処方してくれるため、確実に効果のある治療を始められます。精神病だと感じて医療施設の力を借りたい場合は、適切なところを調べてから、診察を受けるようにしましょう。いろいろな診療科がありますが、それぞれに専門分野が決まっているため、精神病を最短で治したいのなら相応しいところで診断を受けるべきです。まず、脳の働きに不具合が起きて発症する病気の場合は、精神科に訪れることになります。認知症(若年性も含む)の場合も、精神科で診てもらえるケースが多いので、記憶に関するトラブルが多くなってきたのなら訪れてみましょう。そして、不安やストレスなどが原因となって、体の不調を招いてしまう場合は、心療内科が専門になります。多くの人の前に立ったり狭い場所に入ったりして、動機や息切れやめまいなどが起こるのならば、心療内科が力になってくれます。なお、現在では、精神科と心療内科の症状のどちらとも診断してくれる医療施設も増えています。『精神科』と『心療内科』という文字が看板やホームページに記載されているのなら、どちらの症状でも診てもらえると判断しても大丈夫です。メンタルクリニックという名称の場合は、両方に対応している可能性が高いので、そちらも探してみましょう。ただ、依存症を治して欲しいと考えるのなら、精神科や心療内科といった区切りではなく、専門の外来を開設しているところを利用した方がよいです。タバコやアルコールなど、自身が依存しているものに対応する外来を探して、そちらのドクターに相談しましょう。ちなみに、ドラッグやシンナーなどの薬物依存症の場合は、対応しているところが少ないため、しっかりとリサーチすることをおすすめします。

第三者から見た心の病

看護師

精神病に気づくためには、誰でも確認できる、精神病における基礎的な診断内容を把握しておかなければなりません。精神病院は、個人の権利を尊重しています。緊急を要する場合は、医療機関に足を運ぶと良いでしょう。

詳しく見る

早めに気付くことが大切

聴診器

精神病は薬を使った治療で症状を抑えることができる病気です。できるだけ早めに気付くことが大切なので、自分の体調がおかしいと感じた時には病院を受診しましょう。また診断がついてからも薬の種類や量を変える時には医師の指示に従うようにしましょう。

詳しく見る

受診の為の準備が大切です

看護師

精神病の診断を受けると日常生活すら普通に送れなくなったように感じて落ち込んでしまいがちですが、決してそんなことはありません。ストレスの多い現代社会では、誰もがかかる可能性があるため異変に気付いたら早めの受診が大切なのです。

詳しく見る